どこもかしこも”ØKOLOGISK”!?デンマーク人の高すぎるオーガニック意識

デンマーク生活

コペンハーゲンのスーパーに陳列されている商品を見ているとよく目に入ってくるのが、
”ØKOLOGI”や ”ØKOLOGISK”の文字列。

何でこのシリアルを選んだかって? ØKOLOGISKだからだよ。僕はØKOLOGISKの商品しか買わないんだ。

デンマークのスーパー・Føtexの買い物客

ØKOLOGI はエコロジー、ØKOLOGISKはオーガニックを意味する。

デンマーク政府は”Ecology Plan Denmark 2011-2020 – together on more ecology”  という計画を発表し、2020年にオーガニック関連事業を2007年の2倍にする目標を立てている。
この影響もあり、ここ数年間でデンマークの企業や人々のエコに対する意識・取り組みが大きく変わってきたという。現在ではデンマーク人の半数以上(51.4%)が、毎週エコロジー商品を購入しているという調査結果もある。

デンマークにおけるオーガニック市場の伸び。
毎年右肩上がりだが、ここ数年の間で特に急速に成長していることが分かる。
出典: Statistics Denmark.

急速に進むデンマーク政府・企業のエコな取り組み

デンマークではエコ関連のユニークな取り組みが近年急速に増加している。
特筆すべき取り組み例は以下の通り:

  • 政府の取り組み
    • Reverse Vending Machine : デンマークのスーパーなど3,000店舗に設置してあるリサイクル用の自動販売機。ここに空のビンやペットボトルを入れると1本につき1~3DKK(=18円~50円)ほど返ってくるので、空きビン集めを生業にする人もいるほど。
  • 企業の取り組み
    • LØS Market : 商品パッケージを無くした、一切ゴミの出ないスーパー(2016年設立)
    • Too Good To Go:レストランで廃棄対象となった食材を安く売るサービス(2016年設立)
    • Herbert : 自宅で気軽にオーガニック作物が育てられる、壁掛けタイプの農園 (Kickstarter)
  • 消費者の取り組み
    • Stop Wasting Food:食料廃棄に対する反対活動を行う消費者団体(2008年設立)

色々な取り組みがあるが、驚くべきは「多少高くてもオーガニック商品を選びたい」「家庭ごみを堆肥にしたい」「できるなら自分で作物を育てたい」という、1人1人のオーガニック意識の高さだ。これが政府・企業のデザインにより成し得たものであれば、最強の成功事例と言える。

しかし、デンマークの人々が迷い無く「オーガニックが重要だ」と言う口ぶりに若干違和感を覚えた。彼ら個人の価値観と選択に基づいた発言というよりは、 「周りがオーガニックが重要だと言っているから重要」 という社会的なアイデンティティ・帰属意識のようなものの方が強く働いている気がしたからだ。

デンマーク人は日本人に似て、社会的なプレッシャー・同調圧力に弱い傾向がありそうだ。人口が少なく人々の信頼関係が強力な’デンマーク村’では、一旦ブームになった際の広まる勢いが日本のそれより強いのかもしれない。

Comments